没落貴族の俺がハズレ(?)スキル『超器用貧乏』で大賢者と呼ばれるまで

没落貴族の俺がハズレ(?)スキル『超器用貧乏』で大賢者と呼ばれるまで
  • 著者

    更新中

  • 状態

    連載中

  • ジャンル

    異世界

  • 閲覧数

    2,019

説明

不慮の事故によって死亡した三門英雄は、没落貴族の次男ラース=アーヴィングとして異世界に転生。 前世では家族に愛されなかったラースだが、現世では両親や兄から溺愛され幸せに暮らしていた。 5歳で授かった『超器用貧乏』は「ハズレスキル」と陰口を叩かれたが、家族は気にしておらず気楽な毎日が続く。 そんなある日、父が元領主だったことを知る。調査を重ねるうち、現領主の罠で没落したのではないかと疑いをもったラースは、両親を領主へ戻すための行動を開始。 ハズレスキルと思われていた『超器用貧乏』もチートスキルだと判明し、ラースは大きな事件に巻き込まれていく。 ハズレスキル『超器用貧乏』で事件を解決していく没落貴族の奮闘が今、始まる──!

更新日時
閲覧数